出会い

 sexy girl with blond hair

出会いとは、初めて会う場合に使われる言葉である。
また、様々な場所で様々な人と出会う事ができる。
例えば、学校や職場などである。大学に進学する時や、就職した際には多くの人たちと出会う事になる。

人との出会いの他にも、物などとの出会いもある。
これは、洋服屋さんに行った際、たまたまお気に入りの洋服があった場合に使われたりする。
他にも、ペットショップなどでは多くの動物と出会う事ができる。

最近は、出会い系サイトなどインターネットを使って出会いを求める人が増えている。
これは、様々なメリットがあるからである。

まずは、しがらみがないというのが一番のメリットである。
合コンやナンパなどと違い、知人や周囲の人たちに対して気遣いなどをする必要が無いからである。
次に、場所や時間の制約がないという点である。
通常の出会いでは、必ず決まった場所や時間が必要だが、インターネットなら思いついた時に出会う事ができる。
次に、複数の人と知り合う事ができるという点である。
インターネットの場合は、基本的にメールという気軽なコミュニケーションから始めるので、短期間で多くの人と知り合う事ができる。
次に、外見ではなく内面を良く知る事ができる。
インターネットの場合は、外見より内面を重視する可能性が多いので、外見にあまり自信がない方でも内面で勝負できる。

日本では、恋人がいない男女が恋人を見つける為の婚活というものがある。
婚活は、様々な場所で行われ、多くの人と出会う事ができる。

婚活では、ほとんどの男女が結婚を前提とした出会いを求めている為、最終的には結婚まで辿り着く場合もある。
最近では、合コンやパーティの他にも、趣味を活かした婚活で共通の趣味を持った異性とも出会う事ができるようになっている。

ワクワクメール

sexy girl wearing patterned underpants

ワクワクメールとは、出会い業界では会員数ナンバー1の出会いコミュニティである。
最近では、ソーシャルゲームやつぶやき機能などを導入して、ソーシャルネットワーク化を進めている。

ワクワクメールは、2001年に開設された老舗サイトである。会員数は2014年までに400万人を突破している。
また、ワクワクメールはポイント制サイトの分野で、ハッピーメールと勢力を二分するサイトとも言われている。

ワクワクメールの特徴は、女性の年齢層も幅広いという点である。
女性の中には、真面目な出会いから割り切った大人の関係までといった目的を持っている方もいる。
また、ワクワクメールは設立当初から一切サクラを使っていないというのも特徴の一つである。
こうしたサイトには、サクラが存在している事が多いが、そういった事を気にする事がないのである。
その他にも、伝言板という短文メールのやり取りを無料でできるところが特徴である。

登録料や退会料など一切かからず、月会費や年会費も全て無料なのも特徴である。

ワクワクメールは、ポイント制の有料サイトである。
ちなみに、男女ともに会員登録は無料だが、男性は随時ポイントが発生する。
女性は、女性同士でやり取りしたり、投稿画像、動画などの一部コーナーはポイントが必要になる。
支払い方法は、銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード、ゆうちょ振込、スポンサーサイト登録などがある。

1ポイント10円で、受信メールを読むのは0ポイント、メールを送るのは5ポイントが必要となる。
他にも、掲示板の書き込みを見るのが1ポイントで、掲示板に書き込むのは0ポイントである。

ハッピーメール

She is wearing blue dress

ハッピーメールとは、出会いを目的としたコミュニティサイトである。
いわゆる出会い系サイトのひとつであるが、2014年の時点で20年目に到達しておりネットサイトとしては非常に長い運営となっている。

ワクワクメールのようにメールに重きをおいたサービスを展開しているが、メール以外にもアプリゲームやアバター、日記、似顔絵などバラエティに富んだサービスを提供している。
ほかにも足あと機能などがある為、気になる相手の日記やプロフィールに足跡を残しアピールするという方法も取れる。

ハッピーメールは18歳以上のユーザー飲みを対象にしたサービスである為、未成年者は存在しない。
その為サイト内にはアダルトコンテンツも存在している。例えばゲームならばアダルトカードゲームなどがあり、出会いに関してもそうした目的となる事がある。

会員同士のコミュニケーションについては、プライベートで展開される分にハッピーメールが関与することはない。
とはいえサイト上でのトラブルや悪質なユーザーにはしかるべき対処を行う為、運営する範囲をきちんとわきまえているということである。

その為、プライベートの場でのトラブルはハッピーメールではなく当事者同士で解決することとなる。